3.11
あの日は忘れもしない。

翌日の朝はもっと忘れない。


5年経っても10年経っても
何があっても

朝、目が覚め太陽の光が
辺りを色付けてくれること。

あっ今日も生きてるって瞬間。

あの日を境に僕らは
生かされてると思えるようになった。

それだけではないけどね。

ただ
今日は
出来ること精一杯やろうって思うの。

笑ってもいいし泣いたっていい。
今日だけは生きてるっていうことを
喜んで感じたいよね。

その先、この先何があるかわからんけん

ただただ
太陽の陽射しが暖かくなりましたね。


TERU



by djamming | 2016-03-12 21:59
<< 噂のお店 三月は焼津から世界へ >>